病院案内

部門紹介

医局

伊達 豊

理事長 兼 院長
伊達 豊 だて ゆたか
出身大学
長崎大学
学位 専門医等
医学博士
日本内科学会総合内科専門医
日本医師会認定産業医
専門分野
循環器科

病院長 土器恒徳

診療部長
渡邉 慎一 わたなべ しんいち
出身大学
長崎大学
専門分野
泌尿器科

笹冨 輝男

笹冨 輝男 ささとみ てるお
出身大学
久留米大学
学位 専門医等
医学博士
日本外科学会指導医,専門医
日本消化器科外科学会指導医,専門医
日本がん認定機構がん治療認定医
専門分野
消化器科/癌の化学療法

宮﨑一之

宮﨑 一之 みやざき かずゆき
出身大学
九州大学
学位 専門医等
医学博士
日本外科学会認定登録医
専門分野
内科/外科/整形外科

病院長 土器恒徳

土器 恒徳 どき つねのり
出身大学
東邦大学
学位 専門医等
医学博士
専門分野
一般外科/消化器科

看護部

 看護部は看護師と介護士から成っております。当院に入院されている患者様は、高齢の方が多く、複数の疾病を抱えられているので親身な看護が必要となってまいります。思えば、今入院されている方々は、世界に誇る日本の近代化の礎を築かれた人たちです。私たちは、その方々の尊い業績に心から敬意を表し、スタッフ一同、心を一つにして、患者さまとそのご家族に、「安全」「安楽」そして「安心」を提供し続けて参ります。

特長

当院の看護師は一般病院の経験を経たのち、高齢医療に興味を持って当院に来たものが多く、介護士は経験豊富なスタッフが多いのが特徴です。慢性期ならではのホスピタリティ高いサービスと快適な環境(「この病院は変な匂いがしないね」という声を頂きますが、これも日々清掃と排泄処理を迅速に行っている結果です)で、患者様一人一人と向き合った看護・介護サービスを行います

リハビリテーション科

 急性期を経てなお、身体の能力向上・維持を必要とする患者様のために、広々とした機能訓練室で様々な器具を使用したリハビリテ-ションを行なっています。急性期では入院日数が短い上に治療が中心であるため、十分なリハビリが難しいとされており、その分慢性期のリハビリテーションの重要性が増しています。当院では、理学療法士、作業療法士がチームとなって、多角的にリハビリテ-ションを行なっています。

ST(言語聴覚士)について

 言語聴覚士は、ことばによるコミュニケーションに問題を生じた方、食べたり飲んだりすることに問題を生じた方に、専門的な評価、訓練や指導を行うリハビリ職員です。その専門的なサービスによって、対象者の方々のコミュニケーションや飲み込みの問題が少しでも改善し、生活の質が向上することを目指しています。
当院では2階フロアに言語聴覚療法室を設けると共に、言語聴覚療法を行っております。

高齢者リハビリテーションについて

 高齢者リハビリテーションでは、単に高齢発症による疾患の障害に対応するだけでなく、高齢者特有の特性を理解して、リハビリテーションを行う必要があります。当院では生活期リハビリを通し、単に疾患に対するアプロ-チに限らず、加齢に伴い低下する機能維持への取り組みであり、その人らしく生活していけるためのお手伝いをしています。

遊びリテーション
遊びリテーションについて

 遊びとコミュニケーションとして「遊びリテーション」を行い、患者様のストレス解消に役立てています。

地域包括ケア病棟でのリハビリテーションについて

 地域包括ケア病棟では、患者様ができるだけ早く在宅に戻れるよう、専門リハビリスタッフと職員が一体になって、既定単位数にこだわらず行っております。

退院後フォロー

 退院後在宅に復帰された後も、訪問リハビリや施設での通所リハビリと在宅サービスが充実しています。退院後の環境変化に対応し、安心して在宅生活を送っていただけるよう支援します。

リハビリテ―ション機器の説明
エルゴメーター
エルゴメーター
筋力と持久力の訓練に使用します。
物療機器
物療機器
物理療法時に使用します。
平行棒と索引
平行棒と索引
歩行訓練時に使用します。
助木
助木
起立訓練時に使用します。

地域連携室

 当院は「地域完結型医療」を目指し、地域の中核を担う急性期後の病院として、急性期病院をはじめとする地域の医療機関との連携をはかっております。入院・退院に関するご相談は、「地域連携室」までご連絡ください。

ご家族様へ

 入退院にあたっては患者様、ご家族において様々な不安や悩みが起こり得るかと思います。
そうした際に、医療ソーシャルワーカーがご相談に対応いたします。
受付窓口でのお呼び出し、もしくはお電話でお気軽にご相談ください。

主な相談内容
  • 医療費や生活など、経済的な不安…
  • 入院時や退院後の生活について(病院や施設、在宅介護を支えるサービスや社会資源、制度等について)…
  • 療養中の心理・社会的問題について(御家族内における様々な不安など)
  • 各種保険、福祉制度の利用について(医療・介護保険、年金制度、障がい者手帳の申請等)…
  • その他
  • ※ご相談の内容の秘密は厳守いたします。

  ※ご相談内容の秘密は厳守いたします。

地域活動

 JTCC(日本遠隔医療介護センター)
毎日の健康管理を遠隔から行う先進的モデル「安診ネット」。本人の自覚がない状態でも病気を早期発見し、重要化予防する実績が認められ、国の補助作業に採択されています。現在長崎大学医学部の共同研究として、全国でモニター事業が始まっています。JTCCはその情報を集積・遠隔医療の講座・全国の事業所のサポートを担う役割を果たし、事務所は病院内にあります。

転院・紹介依頼の流れ
転院・紹介依頼の流れ
092-595-0595(代表)

検査科

 検査科の業務は心電図や超音波検査など直接患者さんに対して行う『生理検査』と血液や尿などの検体を分析検査する『検体検査』の2つに大別されます。
どちらも正確かつ迅速なデータが得られるよう日常の内部精度管理及び外部精度管理を実施しています。臨床検査技師は技術と知識の取得に日々努力し、積極的な情報提供をしています。

特長

1)迅速かつ正確なデータを患者さんに提供できるように体制を整えており、至急検査の結果報告は、30~60分で行っております。結果を聞いて帰れる外来を実現しています。
2)CTスキャン,エコー(超音波診断装置)を始め、亜急性期医療まで対応できる検査機器を揃えております

HbA1c測定装置
HbA1c測定装置
検査装置
  • 生化学自動分析装置
  • 自動血球分析装置
  • 血糖測定装置
  • HbA1c測定装置
  • 血液ガス分析装置
  • 電解質分析装置など
検査機器
  • CTスキャン
  • X線・糖尿病検査
  • 眼底カメラ
  • ファイバースコープ
  • 超音波診断装置(心臓・腹部・頸部)
  • 肺機能検査
  • 生化学検査
  • 血液検査
  • 免疫学的検査
  • 負荷心電図
  • その他自動心電図計
  • 24時間ホルター心電図解析装置
  • 呼吸機能検査装置
  • 長時間SPO2解析装置など
CT(コンピュータ断層撮影法)超音波(エコー)検査胃大腸ファイバースコープ

栄養科

 栄養科では、食事療養を必要とする患者さまに個別の栄養管理と食事の提供を行うことにより、疾病の予防や進行防止を図り、安定した入院生活が送れるように支援していきます。

入院患者さまへの食事療養サービス

 お食事は、個々の障害に対応できるよう嗜好を尊重した個別対応の献立から、食べる機能に応じて様々な食事形態をご用意しています。
常食の方には、昼食のみ選択メニューからお好きな方を選べます。 四季折々の食材を使いながら季節感を大切にし、患者様に楽しんで頂けるよう工夫しています。 また、行事食・お誕生日お祝い膳も取り入れています。

食事時間

 朝食:7:30 昼食:12:00 夕食:18:00

栄養指導
個人指導
入院時・外来時
「生活習慣病の予防は正しい食生活から!」
食生活や健康上のお悩みについて、各々の生活パターンをお聞きし、無理なく続けられる食生活をアドバイスさせていただきます。
集団指導
栄養サポートランチの会(栄養に関するお話とお食事会)
元気で健やかになるための食生活の知恵を学ぶランチ付きの健康教室です。
ランチはヘルシーでありながら、美味しく豊かに食べるための知恵や工夫が詰まったメニューを心がけてご用意させていただきます。

 開催日:奇数月の第4木曜日
※栄養指導は予約制

薬局

 薬局は常に患者さまの立場に立って、それぞれに対応した調剤を心がけています。また、他部署と連携し、医薬品が適正に使用されるよう配慮しながら業務を行なっています。
薬局は3名の薬剤師が入院、外来患者さまの調剤、注射薬の払い出し、及び医薬品、消毒薬等の購入、供給、管理、そして医薬品の情報収集、提供を行なっています。また、患者さまのQOLに配慮した通りいっぺんではない服薬指導を実施しています。

調剤業務

 当院は高齢の患者さまが多く通常の剤形では服薬困難な場合も多いので、一包化、粉砕、簡易懸濁法の採用などを行ない、アドヒアランスの向上に努めています。また患者さまから収集した副作用や飲みにくさの情報をフィードバックして処方の改善を促しています。

チーム医療

 3名とも福岡県糖尿病療養指導士の資格を有し、糖尿病チーム医療に参加しています。
また、手指消毒の徹底や抗生物質の適正使用を促すことにより、感染対策チームの一員として院内感染防止に努めています。

ページの先頭へ