病院案内

診療科目

診療科目

消化器科  消化器科とは食べ物の通り道となる食道、胃、腸と、それらにつながり栄養分を吸収するために働く肝臓、胆嚢、膵臓などの総称です。それらの臓器に発症する病気を内科的に治療するのが消化器科です。
 当院では胃十二指腸内視鏡検査、腹部エコーを施行し食道がん、胃がん等の悪性腫瘍の診断、胃潰瘍、逆流性食道炎などの治療をしています。またB/C型肝炎のフォローも行っています。
循環器科  循環器とは、体内を血液が巡る際に道筋とする、主に心臓と血管の事を言います。内科の中でもこの循環器に関する病気の治療を行う科が循環器科です。
 当院では、他の医療機関と連携し、冠動脈形成術後の狭心症、心筋梗塞等の継続治療を行っています。また心臓弁膜症、肥大型心筋症等による心不全、高血圧、不整脈治療に力を入れています。心エコー、ホルター心電図等による心機能評価も施行しています。
呼吸器科  呼吸器とは、酸素と二酸化炭素を交換する働きをする、肺を中心として、気管等の病気を診る診療科です。
 当院では、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、気管支喘息をはじめとする呼吸器疾患全般をみています。呼吸機能検査も施行しています。
糖尿病・内分泌科  内分泌疾患は、わかりやすく言うと、ホルモンをつくる臓器の病気及びホルモンの作用の異常をきたす疾患ですが、極めて幅広い範囲の病気が対象となります。
 当院ではその中でも生活習慣病、糖尿病に対し専門外来を持ち、更に脂質異常症、肥満などを対象に、専門医、看護師、栄養士、検査技師等が「チーム南ヶ丘」として患者様に対し、食事・運動療法を行っています。糖尿病治療についてはHbA1Cの当日速報診療を実施しています。
その他一般内科  一般内科とは手術以外の治療を行う診療科をいいます。投薬、医療器具による治療、患者さんに対する生活指導などが主な治療です。ここで言う内科とは各部位によって細かく分かれる「~内科」と呼ばれるもの全てを総合的に治療する科を指しています。
リハビリテーション科  リハビリ科は、精神や体の機能が障害を持ったまま固定してしまった場合に、ある程度の日常生活が送れるようにするための訓練を行う診療科です。
 当院では、急性期を経てなお、身体の能力向上・維持を必要とする患者様ために、広々とした機能訓練室で様々な器具を使用したリハビリテ-ションを、医師の指導のもと、理学療法士や作業療法士の協力して行っております。

皮膚科  皮膚科は、湿疹やアレルギー性皮膚炎、イボ等を治療する診療科です。
 当院では、九州大学皮膚科専門医師による週1回の外来診療を行っています。
ページの先頭へ