入院

入院のご案内

入院にあたってのお願い

当院の病棟の種類

当院には「地域包括ケア病棟」「医療療養病棟(在宅復帰強化型)」「医療療養病棟」の各タイプの病棟があり、それぞれ担う機能が異なっています。当院が担う役割にご理解とご協力をお願いいたします。

地域包括ケア病棟

急性期からまだ容態の落ち着かない治療を必要とする方や、自宅や施設で療養中に肺炎や熱発など急性増悪した方向けに在宅復帰を支援する亜急性期の病棟で、入院治療は、最長で60日を目途にしております。当病棟での入院治療が一段落し、病状が安定しましたら介護施設またはご自宅などで療養を継続していただくことになります。

医療療養病棟
(在宅復帰機能強化型)

急性期医療の治療を終えても、引き続き医療提供の必要度が高く、 病院での療養・リハビリテーションが継続的に必要な患者さまを対象にご利用頂く病棟です。
在宅復帰強化型は在宅復帰を目指した病棟で、病棟での入院治療により、医療必要度が低くなりましたら、介護施設またはご自宅などで療養を継続していただくことになります。
(注:当院が予定している地域包括ケア病棟の制度は2015年4月の開始予定ですので、現状としては、亜急性期の患者様が多く入院されております。)

医療療養病棟
(一般型)

病状が安定しているけれど長期にわたって継続した治療が必要な方向けの長期療養病床です。入院治療により、医療必要度が低くなりましたら、介護施設またはご自宅などで療養を継続していただくことになります。

退院先でお困りの方へ

医療強化型
老人ホーム

当院医師が引き続き健康管理を行い、もし疾病の悪化や熱発などの際には病院に入院していただく。そして容態が落ち着いたら再び老人ホームに戻って頂くという、一貫した医療・介護サービスを行う終の棲処となる直営の医療強化型老人ホームを用意しています。
(メディカルケア南ヶ丘は介護付有料老人ホームになります)

入院の際のご注意

(1)ご注意いただきたいこと
  • 寝具(布団、枕など)はこちらで用意いたします。
  • 携帯電話は一部の場所にて可能となります。
    ※職員が使用しているPHSは、一般の携帯電話と異なるものです。
  • 入院中の外出・外泊につきましては、必ず主治医にご相談ください。
  • 外部からの出前は禁止しております。
  • 消灯時間は22:00となっております。
  • 次の費用は保険適用外となり全額ご本人負担となりますのでご了承ください。
    ◇紙オムツ代、容器代、バスタオル代など
    ◇診断書などの文書料
(2)建物内全面禁煙について

当院では病院建物内を全面禁煙としております。タバコが健康にとって有害であることは周知の通りであり、タバコを吸う人だけでなく、周りで煙を吸わされる受動喫煙の防止も促進されています。当院の方針にご理解とご協力をお願いいたします。

(3)迷惑行為について

入院にあたっては、他の患者さんや職員に対して迷惑となる行為や診療業務の妨げとなるような行為は慎んでいただくようお願いいたします。
暴力行為や暴言・威圧、セクシャルハラスメント行為などがあった際には退院していただくこともありますのでご注意ください。

(4)入院費について

入院費は毎月12日より請求書をお渡し致しますので、お支払いを1週間以内にお願い致します。
精算・計算受付
月曜日~金曜日 9:00~17:00
土曜日     9:00~12:30
日祝日    休み

(5)お心づけについて

入院中・退院時のお心づけはお受けいたしかねますので、ご理解ください。

入院の手続き

(1)入院のお手続きについて

入院される患者様は、受付窓口(1階)で入院の手続きをしていただくこととなります。
入院受付時間  平日/午前9:00~10:30
*入院手続きでご不明な点などがございましたら、受付窓口へご相談ください。

(2)手続きに必要なもの

1. 入院申込書類
2. 印鑑(入院申込書の記載等に必要な入院患者印、身元引受人印、連帯保証人印)
3. 保険証類(健康保険証、介護保険証)
4. 障害者手帳及び障害者医療証
5. 特定疾患医療受給者証
6. 生活保護法による医療券
7. 限度額適用・標準負担額減額認定証、介護負担限度額認定証
*4~7につきましてはお持ちの方のみ受付窓口へご提出ください。

(3)携帯品について

入院の際には以下のものをご準備ください。
1. パジャマ並びに下着類(前開きシャツ、パンツ等)
2. 洗面用具(歯ブラシ、プラスチックコップ等)
3. バスタオル、ウェットティッシュ
4. 蓋付きバケツ(15リットル程度)
5. ゴミ箱
6. 上靴(スリッパ)・・・等

(4)入院手続に関するご相談について

入院手続きにあたりご不明な点などがございましたら、病院受付までお気軽にご相談ください。

(5)療養に関する相談は各階の「ナースステーション」にお越しください

少しでも安心してご入院いただけるよう、さまざまな不安や疑問に看護師が個別に対応いたします。
療養に関するあらゆることの相談窓口としてご利用ください。

退院の手続き

退院手続きと退院時間

医師と入退院担当者が相談の上、退院日の日取りが決定されます。
退院日が決まりましたら、退院当日に受付窓口にて入院費をご清算いただきます。
当院では原則として午前10:00を退院時間とさせていただいております。

各種相談

ソーシャルワーカー(入退院相談窓口)

入退院にあたっては患者様、ご家族において様々な不安や悩みが起こり得るかと思います。
そうした際に、医療ソーシャルワーカーがご相談に対応いたします。
受付窓口でのお呼び出し、もしくはお電話でお気軽にご相談ください。

主な相談内容

  • 医療費や生活など、経済的な不安…
  • 入院時や退院後の生活について(病院や施設、在宅介護を支えるサービスや社会資源、制度等について)…
  • 療養中の心理・社会的問題について(御家族内における様々な不安など)
  • 各種保険、福祉制度の利用について(医療・介護保険、年金制度、障がい者手帳の申請等)…
  • その他
  •  ※ご相談の内容の秘密は厳守いたします。
相談受付時間

月曜日~金曜日 / 8:30~17:00
土曜日     / 8:30~12:30

ナースステーション

療養に関する相談は各階の「ナースステーション」にお越しください
少しでも安心してご入院いただけるよう、さまざまな不安や疑問に看護師が個別に対応いたします。 入院に関するあらゆることの相談窓口としてご利用ください。

ご面会について

面会希望の方へ

面会希望で初めての方は、まず一階にある「受付」にお声をかけてください。ご説明いたします。
面会2回目以降は、ご入院のフロアのナースステーションにお立ちよりの上、面会者名簿に記帳くださいますようお願いいたします。

病棟の面会時間

月曜日~土曜日 / 13:00~19:00
日・祝祭日   / 10:00~19:00

注意していただきたいこと

院内感染予防のため、下記に該当する方のお見舞いはご遠慮ください。

※ 37℃以上の発熱、のどの痛み、嘔吐・下痢、発疹、目が赤い
※病状によっては、ご面会をお断りしたり、時間を制限する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

入院中の他の患者さんの安静や診療の妨げにならないようご協力をお願いします。

ご面会時の感染予防対策として

新聞、テレビなどで報じられておりますが、抗生物質に抵抗性をもっている細菌が近年増えており、これらの細菌によっていろいろな病気が引き起こされています。
例えば、MRSAは、手指や唾液によって人から人へと感染しますので、患者さんとの面会の際は大変お手数ですが、病室入口に備え付けしている「消毒用アルコール」で手指を消毒してから患者さんとご面会くださるようお願いいたします。またノロウイルスの流行期には念入りな手洗いをお願いしております。なお、呼吸器症状のある方は、唾液が飛散しないためのマスクを着用してご面談くださるようお願いいたします。

ページの先頭へ