在宅サービス

訪問診療・往診

医療強化型老人ホームでの在宅医療の経験を活かし、在宅療養後方支援病院として、各医療機関と連携しながら在宅医療をバックアップいたします。

訪問診療・往診とは?

超高齢社会の現在、医療の提供の形は病院入院だけではありません。まだ入院するほどではない患者様や、退院後の在宅療養生活を送られる患者様、また介護施設で生活される患者様の療養を支えるために、地域の診療所と連携し「訪問診療」「往診」を行う事で、ご自宅や介護施設での療養生活を支えます。

訪問診療と往診の違い

往診
突発的な病気や怪我に対し医師が診療に伺うこと
訪問診療
定期的に訪問し、診察を行うこと

在宅療養後方支援病院とは?

「入院希望者」(注)に対し、地域の診療所と連携し、定期的に情報交換をしつつ、協働して訪問診療や往診を行います。また後方ベッドとして、肺炎などの急性増悪の時には緊急診療・緊急入院にも対応します。
※病状が悪化し、元々いた介護施設では対応が難しくなった患者様には、直営の「医療対応型老人ホーム」にて往診・訪問診療を継続することも可能です。

(注)入院希望者とは
前もって「入院希望の届出」を提出することにより、急性期病院に搬送するまでもない肺炎や発熱などの急性憎悪の際の入院を、当院に指定されている患者様のこと。

ページの先頭へ