在宅サービス

ケアプランサービス

事業所・医療機関と連係を図り、それぞれの状況・介護度に合わせたサービスが適切に提供されるよう、ケアプランの作成からサービス状況の管理までサポートいたします。

ケアマネージャーとは?

ケアマネージャー(介護支援専門員)は、ご利用者様の介護認定を受ける手続きのお手伝いをいたします。また、直接お宅へ訪問し、身体の状況やご本人様とご家族の要望を伺い、そのようなサービスが必要かなどを相談し、一緒に計画(ケアプラン)を作成します。

サービス開始までの流れ(ケアプラン)

  • まずは、お問い合わせいただきます。その後、市町村への申請を代行いたします
    ※サービスエリアは大野城市・筑紫野市・太宰府市・春日市・那珂川町・福岡市南部となっております。

  • 02 要介護認定

    要支援1~2・要介護度1~5の7段階に判定されます。

  • 03 アセスメント

    ケアマネージャーがご本人とご家族のお話を詳しくお伺いし、介護の状況、目標を明確にしていきます。

  • 04 ケアプラン作成

    アセスメントをもとに、どのようなサービスが必要か、ご本人様やご家族の要望と要介護認定を考慮し、ケアプランを作成します。

  • 05 サービス提供事業者の選択と調整

    ケアマネージャーが、本人・家族の意向やニーズに基づきサービス提供事業者とサービスの調整を行います

  • 06 ご契約

    サービス提供事業者とサービス利用の契約をします

  • 07 ご利用サービス開始

    ケアプランをご提示しサービスのご利用開始となります

対象者

  • 介護保険で要支援・要介護認定を受けている方
  • 40歳以上、65歳未満の被保険者で特定疾患の診断で、要支援・要介護認定になった方

    注)介護保険証を持っているだけでは介護サービスは受けられません。まずは介護認定をお勧めします。
ページの先頭へ